Topics

抱っこひもの種類とそのメリット

抱っこ紐にはいくつもの種類があり、どのタイプを選んだら良いのか悩んでいる方は多いのではないでしょうか?
エルゴ ベビーやベビービョルンなど、抱っこ紐の有名ブランドがありますので、それぞれのブランドの種類やメリットをチェックしてみましょう。

抱っこ紐の種類

縦抱きタイプ(Boba Wrap、Moby Wrap)
ママと赤ちゃんが対面した状態で顔を合わせるため、密着感があり赤ちゃんが安心します。
また、種類によっては対面だけではなく、赤ちゃんを前に向けて着用することもできます。ちょっと機嫌が悪くなった時は、対面から前向きに変えて周りの景色を見せ、落ち着かせてあげることが可能です。
縦抱きタイプは、首がすわった3ヶ月以降が望ましいですが、新生児用のパットを使用すると、首がすわる前から使用できるものもあります。

横抱きタイプ(Combi ニンナナンナ、Aprica コランビギ)
横抱きタイプは、赤ちゃんを寝かせたままで使用できます。寝たままの体勢で抱っこできるので、初心者ママや新生児抱っこに不安があるママにおすすめの抱っこ紐です。
また、赤ちゃんの顔が見えやすいですので、ママも安心できます。

おんぶタイプ(北極しろくま堂、おもいでおんぶ)
赤ちゃんをおんぶしたままの状態なら、両手を自由に動かせるため、おんぶしながら家事ができます。
また、おんぶをする際に、背中で赤ちゃんを支えるため、肩への負担が少ないというメリットがあります。
赤ちゃんだけではなく、ママにも優しいのがおんぶタイプといえます。

多機能タイプ(エルゴベビー、ベビービョルン)
縦抱き・横抱きの基本機能に加えておんぶや前向き抱っこができるタイプなどがあり、赤ちゃんの好みや使用するシーンに合わせて抱き方を変えて使用することができます。
新生児から長い期間使用できるため、お子様の成長に合わせて買い替える必要がありません。

抱っこ紐を使用するメリット

・育児を助けてくれる
抱っこ紐を使用することで、腕、肩、腰への負担を減らしてくれます。
また、両手がふさがらないため、荷物を持ったり乗り物に乗ったりする際にとても便利です。

・赤ちゃんの成長に良い影響を与える
抱っこ紐により体が揺れることで体勢を保とうとするので、自然と赤ちゃんのバランス感覚が養われます。
また、抱っこ紐を使用することにより、自宅で寝たり座ったりするのとは違う刺激があります。外出する際に抱っこ紐を着用すると、赤ちゃんの視野が広がり、外の風景を見ることで好奇心が生まれ、成長するにつれて、いろいろなものに興味を持つようになります。

外出の際に便利

休日にお子様と外出をする際、まだ自分で歩けない年齢のお子様の場合、常に抱っこをしないといけません。
短時間ならいいですが、長時間の抱っこは腕が疲れてしまいます。そのような時に抱っこ紐が便利です。

肩に紐をかけて使用しますので、腕にはほとんど力が入りません。良い抱っこ紐を選べば、長時間の外出も苦にならなくなるでしょう。

当店では、エルゴ ベビーやベビービョルンなどの有名ブランドのベビーキャリアはもちろんのこと、バウンサーやベビーチェア、ベビー服や授乳グッズなどのベビーグッズを多数取り揃えております。
またオリジナルラッピングでは出産祝いや内祝いのプレゼントを、心を込めて包装致します。
ベビーグッズをお探しの方は、ぜひ当店をご利用ください。

 

↑