Topics

知っておきたい母子手帳の申請手続き

妊娠がわかった際、まず初めに準備するものが母子手帳ですね。初めての妊娠の場合、母子手帳はいつもらえばいいのか、どこで受け取ればいいのか、手続きはどのようにすればいいのかなど、分からないことが多いことでしょう。
母子手帳を受け取った後の手続きは、自治体によって異なりますので、お住まいの地域の手続き方法をチェックすることをおすすめします。

母子手帳をもらう時期

母子手帳は、病院で検査を受け妊娠が確定し、赤ちゃんの心拍が確認できた頃に準備するのが最適です。赤ちゃんの心音は、妊娠8週間くらいから確認できますので、その時期を目安にするといいでしょう。

心音が確認できた頃に、ちょうどお医者さんから母子手帳をもらいにいくように促されます。次の検診日である妊娠12週の時期で体調が落ち着いている時に、手続きに行くことをおすすめします。

母子手帳の手続き

母子手帳は住民票がある市区町村から受け取ることができます。
妊娠届に必要事項を記入して提出すれば、母子手帳を含め、母親学級の案内や検査補助券など様々な書類が渡されます。

提出の際は、免許証や保険証など「本人であることを証明できるもの」と「印鑑」が必要です。
また、自治体によっては医療機関から発行された妊娠を確認できる書類や妊娠届に医療機関に記入を求められる場合があります。
(外国籍の場合は外国人登録証の提示が必要になることもあります。)

「妊娠届」の届出は代理人でも可能

妊娠届は本人による届出が原則です。
しかし、つわりなどの妊娠初期症状で外出が困難な場合や平日は仕事でなかなか届出に行くことができないなど、やむを得ない事情がある場合は、代理人でも届出が可能となっています。その場合は、代理人がスムーズに手続きを行えるように、住所や妊娠週数、出産予定日、医療機関など必要情報をしっかりと伝えておきましょう。

市区町村によっては、妊娠届を郵送で送って申請をし、母子手帳を交付してもらえるもケースもあります。

当店では、ナオミイトウの母子手帳ケースを販売しております。ナオミイトウの母子手帳ケースはおしゃれなデザインが特徴です。
ナオミイトウ以外にも授乳クッションやマザーズバッグ、ポーチなど様々なベビーグッズを取り揃えております。
スタイリッシュで機能性の高いベビーグッズをお探しの方は、ぜひ当店をご利用ください。

 

↑